-Jun Miyazawa・マダム純(宮沢純) オフィシャルブログ-

アニソン&J-POP系DJパフォーマー&ライブ・・・を中心に欧州と日本で活動中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オペラガルニエ宮の華麗な夜

7801_1412092160_251large.jpg

今回の前半はのんびりパリにいたのですが、
その間にオペラ座にバレエを観に行って来ました。
新オペラ座の方も設備が気になってはいましたが、
やっぱりガルニエ宮!と思って、
日本にいた時に知人を通じてチケットを手配して頂いたのです。

内覧は以前しましたが、鑑賞ははじめて。
それも一等の正面のボックス席という贅沢な席での鑑賞です。

7801_1412092163_67large.jpg

シャガールの天井画は何度見ても圧倒されてしまいます。
体がフワフワと浮いてしまうような感じ。昇天しちゃう(笑)

7801_1412092154_167large.jpg

演目は元オペラ座エトワールのJean-Guillaume Bart氏振付のLa source<泉>です。
泉の精の悲恋の物語を、Christian Lacroixの衣装がさらに美しく彩っておりました。

作品の世界観を重視してなのか振り付けも古典的でしたが、
「パリ・オペラ座」の名前に相応しいゴージャスで耽美な舞台でした。

7801_1412092138_167large.jpg
※カーテンコールのみ撮影可

舞台はやや長めなので幕間休憩があり、
皆さんサロンでシャンパンやワインを楽しんでいらっしゃいます。

7801_1412092146_179large.jpg

で、もちろんわたくしも美味し過ぎるシャンパンを揺らしながら、
窓からはパリの夜景を楽しんでいると開演ベルが。

7801_1412092143_247large.jpg

ボックス席は個室になっていて、担当のドアマンが鍵を開けてくれて小部屋に入る仕組み。
上階の安価な立見席には学生さんやラフな服装の観光客も多く、
そういった方々が無断で立ち入らないようにと、部屋内のコート等の盗難防止の為。
「人は生まれながらにして貴族ではない。
貴族として扱われるから貴族になるのだ」という言葉を思い出した。
自然と背筋が伸び、歩き方も上品に(笑)

という訳でリッチ気分で楽しんで鑑賞してきました!是非毎回行きたい!
次回行く時の演目が楽しみになったよ。

7801_1412092123_91large.jpg




スポンサーサイト

| 日常雑記 | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://junmiyazawa.blog99.fc2.com/tb.php/108-acf660c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。