-Jun Miyazawa・マダム純(宮沢純) オフィシャルブログ-

アニソン&J-POP系DJパフォーマー&ライブ・・・を中心に欧州と日本で活動中

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マンション購入への道のり②

■私も旦那様も30代前半。貯蓄は・・・。

毎月それなりに収入はあるものの、いつまでも若いつもりのこの世代。
今までは結婚とか家庭にそれほど憧れもなく「好きなように」使っていました。

付き合い始めの時は、彼の会社の近くの1ルームと千葉の実家を往復。
その部屋は彼の職場から10分なので朝はゆっくりだし、
仕事が終われば、早々に夕飯とお酒を楽しめる。
狭いながらも楽しい我が家で申し分ありませんでした。

しかし、私の仕事は大半がPCの前に座っての作業だったり、
寝込むことも多い体だったので、
「家での暮らしに重点を置いたライフスタイルにしてみない?」
という引越しの提案が彼からあり、
それを機に具体的な「結婚時期」の話になりました。

おお!結婚!

新婚!新居!

今までなんとなく楽しくやってきた二人も、30代の「大人」らしく、
互いのマネープランを見直そうと決めたのはこの時でした。
ここから3か月後、奇跡のマンション購入へ至るとは、この時は知る由もなく(笑)


■「通勤時間」と「家族の絆」

賃貸情報を見ると、このあたりの2DK(2LDK)は賃料13万~18万相場。
安い所は築年数もたっていて、水回りも不安な物件ばかり・・・。
体調を良くする為の引越しとあって、日当たりや近隣環境も重要。

その時彼が住んでいたのは8万円代で新築マンション。
1ルームでもお風呂トイレは別。
キッチンは3口コンロ、広いシンク、浴室乾燥や広いバルコニーなど、
設備面はかなり充実しており、これを維持したままもう1部屋増やすには、
かなりの家賃を負担しなければなりません。

え?場所を変えれば安いって?

そうなんです・・・
場所にこだわるからこの家賃・・・

彼の業務上、休日でも職場にかけつけられる場所は絶対条件。
そして私が住まいを選ぶ第一条件も「通勤時間」が少ない事。

子供の頃、私の父は仕事でほとんど家におらず、
夕飯を一緒に食べる事もままなりませんでした。
早くから遅くまで働く姿や、休日はほとんど寝てしまう父を見て、
どんなに広いおうちで暮らしても、家族の時間が無い事にどんな意味があるんだろうと。

郊外の広いファミリーマンションで、旦那様が帰宅するまで子供と二人っきり。
帰宅した旦那様と憩いの時間を過ごしたくても、男性は疲れてそれどころじゃない。
毎日満員電車に揺られていると、休日もわざわざ出かけたくないだろう。
引越しを機に不仲になる友人をたくさん見ていたせいで、
「広い家恐怖症」なるものにかかっているんです。

あまりの疲労に夕食後ソファで寝てしまう男性陣。
それは寝室までの距離があるから、その数歩が働く男性にとっては遠い道のりだったり。
イライラする嫁・・・夜しか話せる時間も無いのに・・・。
そしていつのまにか寝室は別。
いえね、よく働いてくれて感謝してるの・・・でもなんだか寂しいの・・・とかね。

そんな周囲の同世代の本音から、
「間取りは愛を生み出しもするが、失わせもする」と考えた私は、
「マンション購入=3LDK」という新婚のセオリーをぶちやぶり、
いつも顔が見え、声が聞こえる距離感を維持する為、
50㎡程度の1LDKか2DK(2LDK)を探す旅に出る事にしたのです。

20130409111437800.jpeg

その当時住んでいたお部屋↑。お茶出来るくらい広いベランダでした。
スポンサーサイト

| 日常雑記 | 14:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://junmiyazawa.blog99.fc2.com/tb.php/174-d9f1585b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。